総量規制外でできる貸付

消費者金融など多くの金融機関で提供されているカードローンでは、申込んですぐにカードが発行されあらゆる場所に設置されているATMから利用すれば、すぐにお金を借りることが出来るサービスになっています。
カードローンの申し込みは借入になるので、どこから申し込みを行っても必ず審査が行われます。

審査に問題がなければ素早い応対で申し込んでからすぐに借入が行えることで、即日融資の提供をしているところもあります。
金利も比較的安く返済方法も多くの種類が用意されており自分が可能な方法が選択できます。
一括で返済出来る方法もあれば利用額に関係なく毎月一定の額で返済が出来る方法もあります。

しかし消費者金融の提供するカードローンには利用出来る限度額が決まっています。
これは賃金業法における総量規制の決まりにより賃金業者が提供する借入は利用者の年収の3分の1までの限度額に設定されることになっています。
kako-vvIOyxxMuqUGWxW2 (1)
専業主婦でも融資可能なのは銀行カードローンだけになります。
銀行は総量規制対象外なので年収との兼ね合いを気にせずに利用できます。

ただ収入がないので当然借入限度額は低くなりますが、借りすぎて返済不能になる心配がないという意味では安心です。
銀行カードローンは低金利な上、一定額までは収入証明書も不要で貸付を行っている点も大きなメリットといえます。
仕事を持つ主婦の場合は消費者金融でも借りられる可能性は高いです。
審査に通るか不安なときは、事前診断を利用してみるとよいでしょう。

これによってたくさんお金を借りたい場合でも、利用出来るのは年収の3分の1までの金額となっています。
ではカードローン以外で総量規制の対象外となっている貸付はあるのかというと、銀行が提供するキャッシングやクレジットカード利用による借入があります。
銀行は総量規制で言う賃金業者の対象ではないので、利用限度額を年収の3分の1以上に設定することが出来ます。
自分が設定した返済方法通りに計画的に返済できるのなら、限度額を高額に設定することも可能になります。

sck106_gsp03_01消費者金融で即日融資を受けたい専業主婦の方はココ