カードローンと総量規制の関係

カードローンはキャッシングの定番のスタイルとして人気があります。
カードローン専用カードがれば、ATMから引き出すことも返済することも可能で、急な出費にも対応できるメリットがあります。

しかし、気軽に利用できることから金銭感覚が麻痺し、返済が困難となり多重債務や自己破産といったトラブルになるケースが多発したことから、貸金業法による総量規制が2010年に設けられました。
それにより年収の1/3以上の借入れがある場合は新たな借入れが不可能となり、その範囲は、1社からの融資ではなく、すべての貸金業者からの融資総額となります。

総量規制は貸金業者からの借入れが対象となるため、銀行の貸付けは対象外となり、銀行のカードローンも同様となります。
クレジットカードのキャッシングは総量規制の対象となってしまいますが、ショッピング枠の利用に関しては金銭の貸付には該当しないため、分割払い、リボ払いなども可能となります。
総量規制の基準となる年収は、給与や年金、家賃収入など定期的に安定したものとなるため、ギャンブルなどで得た収入は対象外となります。
kako-x3PruYI5Efhgxt0P (1)
銀行は総量規制対象外なので、年収に関係なく貸付を行っています。
高限度額と低金利で人気を集め、借り換えに利用する人も多いです。
主婦の場合限度額はさほど高くないですが、配偶者の同意書や収入証明書が不要でお金が借りられるので便利です。
ちなみに収入のない専業主婦は銀行以外のカードローンは利用できません。
総量規制が適用される消費者金融や信販系など金融機関からの借入は法律的に不可となっています。
以上を踏まえ、希望額や審査スピードなど自分に合った借入システムを利用しましょう。

仮に、年収が300万の方は宝くじにより100万円の収益があっても年収400万とは認められないため、キャッシングの総額が100万を超えると借入れができなくなります。
総量規制の上限になるキャッシングを行う場合は、返済能力の限界になる場合が多いため、計画的な利用を行うのが望ましいといえます。

sck106_gsp03_01消費者金融で即日融資を受けたい専業主婦の方はココ