カードローンの審査で見られるチェックポイント

カードローンを申し込んだ場合、当然審査が行われます。
その人の勤務先や収入など、属性に関してもチェックされますが、それと同時にこれまでの借入れ状況なども確認されます。
それには個人信用情報が利用されるのですが、特に他で借り入れなどもなく、あったとしてもきちんと返済を行っている場合には何ら問題なく、審査にも通りやすいです。
キャッシング審査の審査基準や審査項目は明らかにはされていませんが、大まかな判断のポイントを押さえておくと参考になります。
審査通過のための評価材料となるのは、収入や勤務年数をもとにした返済能力です。

また過去に金融事故がないかなどもチェックされます。
心配なときにはネットの事前審査を活用しましょう。

審査方法はコンピューターによる自動診断なので、即座に仮の審査回答が得られます。
この結果が必ずしも本審査につながるとは限りませんが、仮審査結果を確認してから本審査申請を行えば安心です。
145313
インターネット申込ならスピード審査が大きなメリットで、当日にお金が受け取れる最短融資にも対応しています。
アルバイト・パートでも一定の収入があれば借入できる場合があります。

ですが過去に金融事故などを起こしていますとややスムーズな借り入れとはいかなくなる場合もあります。
カードローンの審査で特に問題になるのは、債務整理や延滞です。
特に任意整理や自己破産などの債務整理中ですと、消費者金融などの金融機関で審査に通るのは難しいでしょう。

また、過去に延滞という金融事故を起こしている場合にも、金融機関での審査には通りにくいです。
延滞といっても1度くらいでしたらそれほど問題にはなりませんが、3カ月つまり3回以上の延滞になりますとはっきりと個人信用情報に記載されますので、カードローン利用は難しくなります。

この履歴に関しては一生残っているわけではなく、延滞でしたら半年ほどで消えますので、履歴から削除されたことを確認してから再度申し込んだ方がよいでしょう。
債務整理などの金融事故になりますと、5年から10年は履歴は消えません。
履歴が消えたかどうかは個人信用情報の開示請求を行うことで自分で確認できますので、あらためて借り入れを行いたいのであれば、きちんと確認してから申し込む方が無難です。

sck106_gsp03_01消費者金融で即日融資を受けたい専業主婦の方はココ